温度によって名前が変わる?日本酒と温度の関係性

日本酒は温度によって呼び方が変わる

日本酒はとても面白いお酒です。冷たくても温かくても熱くても飲むことができるお酒なのですが、その温度により呼び方が変わるんです。

・みぞれ酒  0度前後
・雪冷え   5度前後
・花冷え   10度前後
・涼冷え   15度前後
・日向燗   30度前後
・人肌燗   35度前後
・ぬる燗   40度前後
・上燗    45度前後
・熱燗    50度前後
・飛び切り燗 55度以上

とても日本人的発想ですよね。
飲む人によってもこだわりがありますし、季節や気分、あるいは日本酒の銘柄によってこの温度を変えて楽しむ人も少なくありません。

冷や酒と冷酒の違い

日本酒の温度に関する表現で、“冷や酒”というものと“冷酒”というものがあります。
日本酒に詳しくない人は、特に違いはなく両方とも冷たいお酒のことだと認識しているかもしれません。
実はこの2つの表現には違いがあるんです。

上で説明した、温度による日本酒の呼び方を見てみましょう。

15度前後の「涼冷え」と30度前後の「日向燗」の間に温度の空白があることがわかるはずです。“冷や酒”というのは、まさにこの温度に当てはまる日本酒のことです。
一方で“冷酒”は、文字通り冷たく冷やしたお酒のこと。
つまり、冷や酒は常温の日本酒であり、冷酒は冷やした日本酒のことを表現した言葉なのです。

温度による味の変化

温度により様々な呼び方が存在していたり、人の好みも温度に左右されるということは、温度の変化は味わいにも影響することを示しています。

例えば、冷酒と呼ばれる冷たいお酒は、スッキリとした爽やかな味わいが感じられます。
キリッとした喉越しも楽しめ、香りもフルーティーさが強めに感じられるでしょう。
複雑な味わいを楽しむというよりは、日本酒のシャープさを味わうための温度と言えるかもしれません。

熱燗のように温かい温度で飲むと、旨味を強く感じることができます。
濃厚で口や鼻全体にふわっと広がる感覚が得られるでしょう。
温度が高いと苦味や雑味は抑えられるので、日本酒初心者にもおすすめです。

冷や酒のような常温の日本酒は、味や香りを最も感じ取ることができます。
原料の味や香り、苦味や雑味、香ばしさやフルーティーな味わいなど、口にした日本酒のすべての味を楽しめる飲み方と言えるでしょう。

幅広い温度帯で飲めるお酒は世界的に見ても珍しい

ワインなどを飲む方は、種類ごとに美味しく飲める温度が指定されていることを知っているのではないでしょうか。
お酒は、そのほとんどが美味しく飲める温度がある程度定められています。
しかし説明したように、日本酒は冷たくても常温でも温かくても熱くても飲むことができるお酒です。
これは世界に類を見ないほど珍しく、日本酒の一つの魅力とも言えるでしょう。

カクテルなどではワインやブランデー、焼酎などでも温めて口にすることはありますが、それのみで温度が変わっても楽しめるのは日本酒くらいです。
日本のように四季が楽しめる風土が生み出した傑作と言えるのではないでしょうか。