今すぐ酒を買い取ってほしい人必見!【店頭買取の流れ】

酒の買取の流れ【店頭買取編】

売りたいお酒を買取業者さんのお店やオフィスなどに直接持っていき、買い取ってもらう方法が“店頭買取”です。
必ずしも店頭で買い取るわけではなく、事務所などに訪問する場合にもこのような表現が使われます。

とてもシンプルで昔からある買取方法ですが、初めて利用する人のために流れを説明していきます。

① 買取に出すお酒を見積もりに出す

直接お店に持っていくこともできるものの、できれば事前に業者さんに見積もりを出してもらいましょう。
電話でもサイト内の問い合わせフォームでもOKです。
最近ではLINE査定を用意しているところもあるので、まずはそれらを利用して買い取ってもらいたいお酒の仮査定をしてもらってください。

② 直接店頭に行く

見積もり金額を提示してもらって、それでも買い取ってもらいたいと思ったら、直接店舗へとお酒を持ち込みましょう。
事前に予約が必要な業者さんもあるので、その場合には来店日時を調整し予約を入れるようにしてください。

③ 本査定

店頭で、お酒に詳しいスタッフさんが持ち込んだお酒を1本1本丁寧に査定してくれます。
それぞれいくらで買い取ってくれるのかを教えてくれるので、一緒に確認しましょう。
本査定後に、やっぱり売らないという選択もできます。金額などを確認し、よく考えてから買い取ってもらってください。

④ 現金手渡しor振込

買取が成立したら、お金を受け取ります。
店頭買取の場合には、すぐに現金を渡してくれるケースが多いです。
ただ、金額によってはすぐにお金が用意できず、振込になることもあるでしょう。
また、お金を持ち歩くのがちょっと怖いという人は、少額でも振込に対応してくれる業者さんもあります。

店頭買取のメリットとデメリット

最近では宅配買取や出張買取を利用する方が増えてきていますが、店頭買取は今でも人気のある買取方法となっています。
根強い人気があるのには、もちろん理由があります。店頭買取のメリットとデメリットについてまとめてみましょう。

メリット

店頭買取には、以下のようなメリットがあります。

買取金額についての説明を受けることができる
お酒の詳細について教えてもらうことができる
交渉しやすく買取金額を上げてもらえる可能性がある
自宅の住所などを知られる心配がない
出かけたついでに査定や買取をしてもらうことができる
即現金化できる可能性が高い
https://www.sakekaitori.com/how-to/shop/

店頭買取にはこれだけのメリットがあるので、利用する人がまだまだ多くいるのも納得です。
お酒を持ち運ぶのは少し面倒だと感じる人も多いですが、本数が少ない場合にはむしろ店頭買取の方が楽に感じられるかもしれません。

デメリット

店頭買取は、売りたいお酒の本数が多いと少し面倒になります。
重いものを持っていくのは大変ですし、特に女性にとってはデメリットになってしまうかもしれません。
人と接するのが苦手な人は、業者のスタッフさんと会わなければならないため、少し抵抗を感じてしまうでしょう。
特に会話をする必要もありませんが、人によってはデメリットとなりそうです。

査定金額に納得がいかなくて買取不成立となった時に、持って帰らなければならないというデメリットもあります。
また、近くに店舗がない場合には店頭買取の利用が難しいので、住んでいるエリアによってはこの買取方法を選択することができないでしょう。