日本酒の種類とその違い【まとめ】

日本酒の種類とその違い

日本酒に興味を持つと、多くの人が一つの壁にぶつかることになります。
日本酒の種類の多さです。
「本醸造酒って何?」、「純米酒とは?」、「吟醸酒と大吟醸酒の違いは?」など、知れば知るほど種類の多さに気づき、整理しにくくなってしまうことでしょう。

ということで、日本酒の種類とその違いについてざっくりとではありますが、重要なポイントに焦点を当てながら説明していきます。

本醸造酒

日本酒は大きく本醸造酒純米酒に分類することができます。
これらは日本酒造りに使われている原料に違いがあるんですが、本醸造酒は、米、米麹、それに醸造アルコールが加えられて作られている点が最大の特徴です。
この本醸造酒には、以下で詳細を説明する特別本醸造酒、大吟醸酒、吟醸酒があり、これらに該当しないものに関しては、単に本醸造酒と呼ばれています。
単に本醸造酒と呼ばれるお酒は、精米歩合が60%を超えており、さらにそれが70%以下のものを指します。

特別本醸造酒

特別本醸造酒は本醸造酒の一つです。
なので米と米麹と醸造アルコールを原料として作られている日本酒である点は同じです。
精米歩合は60%以下でなければならないと定められているのですが、さらに一つ条件が加わります。
その条件は、「特別な製造方法を用いて作られていること」というものです。
この“特別な製造方法”に明確な基準やルールはありません。
他とは異なる醸造方法であり、それが特別であると認められれば、特別本醸造酒と名乗ることができるようになっています。

大吟醸酒

大吟醸酒は、米と米麹と醸造アルコールを使って作られている日本酒の中で、精米歩合が50%以下のものを指す言葉です。
大吟醸酒と呼ばれるためには、吟醸造りである必要もあります。
少し抽象的な表現ですが、しっかりと吟味しながら丁寧に作り、特に精米歩合の低い米を低温で時間をかけて発酵させる作り方が吟醸造りと呼ばれている手法です。
吟醸造りならではの香りを生み出す必要もあり、職人さんの技術がなければ大吟醸酒を生み出すことはできません。

吟醸酒

吟醸酒は大吟醸酒ととても良く似た種類の日本酒です。本醸造酒なので原料は説明した通り。名称からもわかりますが、大吟醸酒と同じで吟醸造りによって製造され、この製法ならではの香りや色味を持つことも一つの条件となります。
大吟醸酒との違いは、精米歩合です。吟醸酒は精米歩合が60%以下の米を原料としていれば問題ありません。
精米歩合は味わいや香りに影響を与えるのですが、精米歩合が少し高めの吟醸酒は大吟醸酒よりも濃厚な味と香ばしい香りを楽しむことができます。製造の過程だけではなく、味や香りにも当然違いが出てくるのです。

純米吟醸酒

純米吟醸酒は純米酒の一種です。
純米酒の詳しい説明は後でしますが、“純米酒”と名付けられている日本酒は本醸造酒と違い、醸造アルコールを使用していません。
つまり、米と米麹のみを使って作られている日本酒ということになります。
その中でも純米吟醸酒と呼ばれるお酒は、精米歩合が60%以下であり、かつ吟醸造りが用いられていることが特徴であり条件となっています。
醸造アルコールを使っていない点以外は単に吟醸酒と呼ばれる日本酒と変わりません。

純米大吟醸酒

ここまでくると、純米大吟醸酒という文字の並びを見れば、だいたいどんな日本酒か想像がつくのではないでしょうか。
純米酒の一種なので、本醸造酒のように醸造アルコールが加えられていません。
原料は米と米麹だけ。この純米酒が大吟醸酒と同じ精米歩合と製造方法で作られているのが純米大吟醸酒です。
つまり、精米歩合は50%以下で、スッキリとした味わいやフルーティーな香りを持ち、吟醸造りを用いているので香りが立ち、色合いも非常に良好な日本酒のことを指してこう呼んでいます。

純米酒

純米酒は、純米大吟醸酒、純米吟醸酒、特別純米酒の総称です。
あるいは、単に純米酒と呼ばれる場合には、米と米麹のみを使って作られた日本酒を指しています。
精米歩合は関係ありません。原材料の条件さえクリアしていれば純米酒と呼ぶことができます。

特別純米酒

特別純米酒は、精米歩合が60%以下で、特別な製造方法を使って作られた日本酒のこと。
特別な製造方法というのは特別本醸造酒と同じで明確な定義はなく、発酵方法であったりお米の種類であったり、そのパターンは様々です。
ただ、どのような製法が用いられているのかは、必ずラベルに記載しないといけません。
特別であることをアピールすることが、一つの重要な条件であると言えそうです。