家から出ずに酒を買取ってもらう方法教えます!【宅配買取の流れ】

酒の買取の流れ【宅配買取編】

お酒の買取方法で利用者が急増中の“宅配買取”の流れについて説明していきます。
非常に手軽で手間もさほどかかりませんから、積極的に利用してみてください。

① 買取に出すお酒を見積もりに出す

まず最初にすることは、買取に出すお酒の見積もりです。仮査定という言い方もされます。
電話や買取業者さんのサイトから見積もりを依頼しましょう。
写真などの情報があった方が、より仮査定額が正確に出せるので、専用フォームやオンライン査定、LINE査定などを利用することをおすすめします。

② 梱包して発送を行う

見積もりが終わり、仮査定額が希望買取金額とよほど離れていなければ、お酒を買取業者さんへと送ります。
ダンボールに緩衝材などと一緒に詰めて送りましょう。
業者さんに申し出れば、宅配買取用キットを送ってくれるところもあります。
それにお酒を詰めればダンボールなどを自分で用意する必要もありません。

③ 本査定

お酒が業者さんに届いたら本査定を行います。
本査定が済んだら連絡が来るので、それまで待っていてください。

④ 振込

本査定の金額に納得できたら、買い取ってもらいます。
あらかじめ指定しておいた口座に買取金額を振り込んでもらえるので、振込の連絡があったら口座を確認しましょう。

宅配買取のメリットとデメリット

宅配買取はとても便利な買取方法です。しかしメリットがある一方で、デメリットも考えられます。
どちらも認識した上で、利用するかどうかを決めましょう。

メリット

宅配買取を利用する最大のメリットは、お酒の買取業者さんの運営する店頭やオフィスまでお酒を持っていかなくても良いことです。
お酒は重いですから、持ち運びをする手間が省けるだけでも買い取ってもらう作業が楽に感じるでしょう。
送料や見積もり手数料などが一切かからない業者さんが多いので、安心感もあります。
実際に店頭などにお酒を持っていくと交通費等がかかることが多いですから、それが必要ないのは嬉しいですよね。

業者さんによって買取価格が異なってきますが、1番高く買い取ってもらえる業者さんが家の近くにあるとは限りません。
出張買取を利用しようにもエリアが限定されているケースもあります。しかし、宅配買取なら全国どこでも対応している業者が多いので、最も高値を付けてくれそうなところに買取依頼を出すことができるんです。
1円でも高く買い取ってもらいたい人にとってはかなり大きなメリットとなるでしょう。

デメリット

宅配買取のデメリットをいくつか挙げてみますね。

自分で梱包などをしなければいけないので少し面倒くさい
送ってから買い取ってもらって現金が振り込まれるまで時間がかかる
お酒の買取業者さんと直接交渉などをするのが難しい
本査定額に納得ができなかった時にはお酒を送り返してもらわなければならない

いくつか並べてみましたが、全ての人に当てはまるようなデメリットではないかもしれません。
梱包などに慣れている人なら手間とは感じないでしょうし、現金化を急いでいない人であれば、数日くらいは十分に待てるでしょう。

ただ、こうしたデメリットになりそうなことがあると認識しておくことが大切です。
特に問題がなければ、宅配買取を利用してみてください。